HCI

Nutanix向けプラットフォーム「HPE ProLiant DX シリーズ」

「HPE ProLiant DX シリーズ」とは

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)のNutanix社とサーバー・ストレージシステムのHPE社のパートナーシップによって生まれた「Nutanix Enterprise Cloud OS」を標準搭載したHPEサーバーシリーズです。豊富なナインナップを取り揃えており、お客様のワークロードの特性に合わせたモデルを選択できます。


目次

  1.  あらゆるワークロードに対応するラインナップ
  2. 「HPE ProLiant DX シリーズ」の特長
    1. 構成検討
    2. ご購入
    3. 導入
    4. 安定稼働
    5. 運用
    6. 保守
  3. 「HPE ProLiant DX」構成例 価格概算


1.Nutanxs向けプラットフォームとしてあらゆるワークロードに対応するラインナップ

Nutanixのツール・運用スタイルはそのままに、HPEサーバーの良さをプラス

省スペース
筐体
1U2UAMD EPYC
New!!
4 CPU大容量
ストレージ
オフィス
フレンドリー
New!!
ProLiant DX2000 Gen10ProLiant DX360 Gen10ProLiant DX380 Gen10ProLiant DX385 Gen10 PlusProLiant DX560 Gen10ProLiant DX4200 Gen10Edgeline DX8000 Converged Edge System

NutanixとHPEの緊密な協業と開発体制によって出来た「HPE ProLiant DX シリーズ」 は、優れたハイパーバイザであるNutanix「AHV」と信頼のハードウェア「HPE ProLiant Server」の統合アプライアンスの組み合わせにより、 構成検討~導入段階も、稼働~保守段階も より安心・安定のHCI環境を提供します。


2.「HPE ProLiant DX シリーズ」の特長

1.構成検討   →2.ご購入   →3.導入
サイジングツール「Nutanix Sizer」でサイジング構成検討から構築まで全てディーアイエスサービス&ソリューションにお任せください。 初期設定サービス 「Nutanix Foundation」でセットアップ
4.安定稼働   →5.運用   →6.保守
HPE 独自技術で安心・安定稼働HPE と Nutanix の先進ツールで運用省力化Nutanix 純正サポートを利用可能

1.構成検討

サイジングツール「Nutanix Sizer」を用いてお客様のワークロードに最適なモデルを選定します。

※Nutanixの「複雑さの排除」詳細につきましてはコチラをご覧ください。


2.ご購入

ディーアイエスサービス&ソリューションにご用命ください。「HPE ProLiant DX シリーズ」の概算価格についてはコチラをご覧ください。


3.導入

初期設定サービス「Nutanix Foundation」では、パラメータシート情報に基づきハイパーバイザーのインストールやネットワーク設定、Nutanixクラスタ作成などを一括で実施できます。


4.安定稼働

3つのHPE独自技術で、安心・安定稼働を実現

①HPE Intelligent System Tuning②HPE Fast Fault Tolerance③HPE Silicon Root of Trust
Nutanix 用にチューニングして出荷、同じスペックでもより高性能に
HPE Only 高性能
メモリモジュール内の 2 つのチップにエラーが発生してもシステム維持
HPE Only 高可用性
BIOS などのファームウェアの改ざんの自動検知・自動修復機能
HPE Only 高セキュリティ

5.運用

無償で利用可能な「HPE InfoSight」は、お客様サイトで稼働するサーバー・ストレージ製品の情報を耐えず収集し学習。性能や障害に関する異常を自動で検知し、分析を行います。

「HPE InfoSight AI」によるデータセンター運用の自律化

“いつでもどこでも”ハードウェア状態を把握できるクラウド型ポータル「HPE InfoSight Web Portal」

VPN や専用の監視コンソールは不要で、インターネット環境さえあれば、自宅の PC からでもスマホからでも状態を把握できます。

「HPE InfoSight Web Portal」の自動通報機能と連携
  • ハードウェアに異常が見られた場合、自動的に「HPE InfoSight」 に通報管理者にメール通知
  • サポート依頼文章も自動作成。内容確認して Submit するだけで保守対応を開始(ケースオープン)
  • 定期的に送信されるテレメトリ情報やハードウェアログと連動しているため、細かな状況説明や面倒なログの収集・送信作業を省略

6.保守

メーカー純正保守による確実なサポート体制

H/W、S/Wの問題ともにHPE保守窓口をご利用いただけます。入電の際、HPE保守窓口でハードウェアもしくはソフトウェアいずれのコールかお伝えいただきます。ソフトウェアに関するコールの場合は、Nutanix社よりコールバックいたします。

最長7年のハードウェア保守故障ハードディスク返却不要オプション
・3, 4, 5, 6, 7 年のハードウェア保守を選択可能
・サポートレベル:「HPE ファウンデーションケア」
・6, 7年は日本国内のみの特別体制
・ディスクの保守交換時、故障したディスクを回収しません
・ディスク廃棄プロセスのサプライチェーンリスクが気になる方にお奨め


日本国内のみの特別サポート体制


3.「HPE ProLiant DX」構成例 価格概算

サンプル構成と価格

1VMあたりの2vCPU、メモリ8GB、HDD120GB、50IOPSの仮想マシンを想定。CPUのオーバーコミット1物理コアあたり3vCPU。

ハイパーバイザーはNutanix AHVを利用。3年翌営業日オンサイト保守含む。メーカー特価承認後のご提供価格の概算です。

最小構成Medium構成Large構成
稼働VM数8VM40VM80VM
筐体モデルとノード数ProLiant DX360 Gen10
(2.1GHz 8Core x1,メモリ96GB,2TB HDDx2+900GB SSDx2) x 3ノード
ProLiant DX2200 Gen10
(2.2GHz 10Core x2,メモリ256GB,4TB HDDx2+1.92TB SSDx1) x 3ノード
ProLiant DX380 Gen10
(3.6GHz 8Core x2,メモリ384GB,6TB HDDx4+900GB SSDx2) x 4ノード
概算費用¥5,000,000.-
※1カ月あたり約14万円
※1VMあたり月17.4千円
¥9,000,000.-
※1カ月あたり約25万円
※1VMあたり月6.3千円
¥14,000,000.-
※1カ月あたり約39万円
※1VMあたり月4.9千円
※メーカー特価適用後参考価格。各ノード間では10G対応スイッチが必要です。設計構築費用は含まれておりません。

Nutanix向けプラットフォーム「HPE ProLiant DX シリーズ」の設計・提案・構築につきましては、実績豊富なディーアイエスサービス&ソリューションまでお気軽にお問い合わせください。


関連ページ

Print Friendly, PDF & Email