HPE

導入事例:高田製薬株式会社「HPE SimpliVity HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)」

サーバー、ストレージを最新のHCI製品にリプレース
アセスメントにより実使用に即した適正構成で提供

小児科およびアレルギー疾患領域で高い評価を受けている後発医薬品(ジェネリック医薬品)メーカーの高田製薬株式会社は、先発医薬品の有効成分や効能・効果、用法・用量を原則同一とする後発医薬品に独自の工夫を施すことで使いやすさ、飲みやすさを追求して差別化を図っています。
同社は基盤系や業務系、セキュリティ系など異なるさまざまなシステムを運用するサーバーの保守期限に伴い、HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)製品である「HPE SimpliVity 380 Gen10 Small」を導入しました。導入の背景と効果について、コーポレート本部 情報システム部 部長 永翁 千寿氏、同部 IT戦略課 課長 柴崎 拓人氏、同課 青木啓氏に詳しくお話を伺いました。取材記事全文PDFは、下記リンク先フォームにご入力のうえダウンロードしてご覧ください。


ハイパーコンバージドインフラストラクチャ「HPE SimpliVity」につきましては、ディーアイエスサービス&ソリューションまでお気軽にお問い合わせください。


「HPE SimpliVity」関連ページ

Print Friendly, PDF & Email