HYCU R-Cloud SaaS for M365

cloud product HYCU R Cloud SaaS for M365 cover

Microsoft 365向けバックアップ&リカバリー「HYCU R-Cloud SaaS for M365」【2週間トライアル実施中】

Print Friendly, PDF & Email
この記事のURLとタイトルをコピーする
cloud product HYCU R Cloud SaaS for M365 cover


「HYCU R-Cloud SaaS for M365(旧HYCU Protégé for O365)」とは

「HYCU(ハイク)」は、マルチクラウドデータのバックアップと復元を専門とする米国ソフトウェア企業です。
「HYCU R-Cloud」は同社サービスの一種で、オンプレミスサーバーとクラウドを連携させ、オンプレミス/クラウドのデータ保護や双方向のデータ移行を容易に実現するサービスです。

ちなみに・・・「HYCU(ハイク)」というネーミングの由来は?

「Hyper Converged Uptime」の略で「HYCU」です。日本の「俳句」のように、短い文章で情景や気持ちが伝わるように、短く簡単な操作でバックアップ環境を構築できるように、という気持ちが込められています。


なぜ「Microsoft 365向け」のバックアップ&リカバリーが必要なのか?

「Microsoft 365」のデータ損失による対応は、Microsoft社はカバーしていないからです。Microsoft社も、サービスまたはストアに保存されているコンテンツを定期的にバックアップすることを推奨しています(※1)。また、故意/過失・マルウェアによるデータ破損/削除リスクやコンプライアンス対応に備えるために、やはりバックアップ&リカバリーは必要です。

しかし、「Microsoft 365」の機能・サービスは非常に多岐に渡っているため、機能・サービスごとに単一の製品を使ったり、クラウドネイティブでない製品を使ったりして「Microsoft 365」のバックアップに苦労されているユーザー様が多くいらっしゃいます。そこで、追加のハードウェア、ソフトウェア、ストレージ、エージェントを必要とせず、データ損失の予防的監視と第2層のセキュリティ保護の両方を実現する「Microsoft 365」向けBackup & Recovery as a Serviceソリューションが「HYCU R-Cloud SaaS for M365」です。

※1:Microsoft Services Agreement
   https://www.microsoft.com/en-us/servicesagreement


「HYCU R-Cloud SaaS for M365」で保護されるデータ

「HYCU R-Cloud SaaS for M365」は、コンピュートリソースとストレージリソースを含む包括的なクラウド型バックアップサービスです。データ損失のリスクを低減しつつ、運用負荷から解放されます。また、バックアップ&リカバリーに加え、ジャーナリング/アーカイブ機能によりコンプライアンスにも対応します。

cloud product hycu protege for O365 1

Outlook (メール、添付ファイル、連絡先、タスク、カレンダー) 、SharePoint、OneDrive、Teams、オンプレミスのExchangeサーバー、OneNoteなどを保護できます。


「HYCU R-Cloud」の特徴

簡単な導入

ライセンスご購入後、HYCUのアカウント設定と「Microsoft 365」での権限追加をするだけでバックアップサービスが自動的に開始されます。また、バックアップのための基板設計やバックアップジョブの設定・管理は一切不要。ストレージもサービス費用に含まれています。アカウント作成後、ポータルへのアクセス案内がEメールで届きますので管理アカウントでログインして自社の「Microsoft 365」を登録するだけ。専門知識は不要です。

cloud product hycu protege for O365 2

手間が少ない運用管理

ストレージ容量は無制限なので面倒なサイジングやアップグレード作業は不要です。
日本語を含む多言語対応のダッシュボードで各種設定を管理できます。バックアップしたメールのデータをGmailやオンプレミスのExchangeに移行できます。見やすいGUIで、バックアップ、ダウンロード、復元、移行のステータスを確認できます。

cloud product hycu protege for O365 3

高度なセキュリティとコンプライアンス

国際的なプライバシー法やITセキュリティ基準を順守するようにサービス設計されており、転送中や保存中のデータは暗号化して保護しています(※2)。

※2:TLS 1.2、AES256、FIPS-2認定のAmazon KMS

また、 Eメールのジャーナリング機能でメール記録を全て取得し、バックアップファイルの操作履歴追跡、バックアップファイルの削除禁止などコンプライアンス機能もあり、「電子情報開示(eディスカバリー)」にも対応しています。メールの詳細検索をベースとした「eDiscovery」は、検索結果を特定の名前で保存可能です。

cloud product hycu protege for O365 4

「eDiscovery」の詳細検索結果にアラート、タグ、確認プロセスの属性付与可能。詳細検索を日次で実施し、結果をアラートとしてメール通知できます。

cloud product hycu protege for O365 5

「HYCU R-Cloud SaaS for M365」日本語サポート

ディーアイエスサービス&ソリューションより「HYCU R-Cloud SaaS for M365」をご購入いただいたお客様に日本語サポートを無償でご提供いたします。導入後の運用管理も安心です。

対応方法eメール
受付対応時間弊社営業日9:00 – 17:00
対応内容・契約状況の確認
・マニュアル記載内容の確認
・メーカーエスカレーション対応
  • 利用環境下での設定方法の確認、検証作業はサポート対象外となります。
  • 御質問に対する即時対応のお約束はできかねますので予めご了承ください。
  • サポート窓口はディーアイエスサービス&ソリューションから購入された「HYCU R-Cloud SaaS for M365」のみを対象に提供いたします。
  • HYCU Private Cloud / HYCU R-Cloud SaaS 日本語サポートサービス規約

「HYCU R-Cloud SaaS for M365」2週間トライアル

「HYCU R-Cloud SaaS for M365」のバックアップ&リカバリーを体感いただくために、2週間のトライアルをご用意しています。この機会に是非お試しください。

  • お客様の「Microsoft 365」ご利用環境ヒアリング
  • 2週間利用可能
  • 機能制限無し
  • クレジットカード不要

※お客様のご利用環境によってはトライアルをご利用いただけない場合があります。


Microsoft 365 向けバックアップ&リカバリー「HYCU R-Cloud SaaS for M365」につきましては、ディーアイエスサービス&ソリューションにご用命ください。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


「HYCU R-Cloud SaaS for M365」導入事例


「HYCU R-Cloud SaaS for M365」関連コラム


「HYCU R-Cloud SaaS for M365」につきましては下記ページも併せてご覧ください。
https://www.idaten.ne.jp/portal/page/out/mss/hycu/protege.html


その他のバックアップ関連ソリューション

関連記事一覧