製品紹介

「Cisco Umbrella」とは

「Cisco Umbrella」はこれまでのクライアントセキュリティ(ウイルス対策等)や
境界型セキュリティアプライアンス(ファイヤウォール)とは異なる、全く新しいセキュリティ対策製品です。
以前はインターネットと社内ネットワークがDMZで区切られており、その境界のセキュリティを強化すれば十分な時代がありました。今の時代は様々な経路、様々なデバイスで社内ユーザが社外にアクセスし、また、社外からアクセスされる時代になりました。ガートナーの予測によると2018年までに、企業のデータトラフィックの25%がDMZ以外を通過することになるようです。もはや境界型のセキュリティ保護では限界があります。

現在必要とされているセキュリティについては、ユーザのアクセスデバイスやアクセス方法が多岐にわたるため、ユーザがインターネットにアクセスするたびにユーザを保護する必要があります。
但し、ここで重要なのは、DNSはネットワーク上の全てのデバイスで使われているということです。そこで、ディーアイエスサービス&ソリューションは一つの有効な解決方法として、以下のようにCisco Umbrellaで解決する方法を提案します。


Cisco Umbrellaの特徴

Cisco Umbrellaの特徴は以下の通りです。

  • 脅威に対する第一線の防衛
  • あらゆる場所の可視性と保護
  • 数分でエンタープライズ全体へ導入
  • 発生前の攻撃を見るためのインテリジェンス
  • 既存のセキュリティ投資をグレードアップ

Cisco Umbrellaが提供するもの

インターネット基盤に構築されたエンフォースメントとして、Cisco Umbrellaが提供するのは以下になります。

・安全なリクエストの接続
Connection for safe requests
・不正リクエストの防止
Prevention for malicious requests
・怪しげなリクエストをプロキシで調査
Proxy inspection for risky requests

Print Friendly, PDF & Email