Microsoft Power Platform

導入事例:日進工具株式会社「Microsoft Power Platform内製アプリ」

日進工具株式会社では、基幹業務システムなどが稼働する物理サーバーのほぼ全てをクラウドへ移行するなど、積極的にIT投資を進めてきましたが、社内の事務作業は電子化が進まず、紙の文書が飛び交っている状態でした。
そこで、顧客ごとに異なる帳票の様式や処理の手順など、変則的な業務に対応するアプリケーションを作成するためにローコード開発プラットフォーム「Microsoft Power Platform」を導入し、紙文書を扱う事務作業の電子化を推進しました。
導入の背景について、総務部総務課 服部真純氏に詳しくお話を伺いました。

詳細は、下記より事例をダウンロードしてご覧ください。
事例ダウンロードはこちら


Print Friendly, PDF & Email