Azure Arc

microsoft azure arc cover

「Azure Arc」オンプレミス/マルチクラウド サーバーの一元管理プラットフォーム

Print Friendly, PDF & Email
microsoft azure arc cover

Azure Arcとは?

多くの企業で、オンプレミス、データ センター、マルチクラウドとさまざまな環境に渡りネットワークが拡張されています。しかし、複雑化する環境の制御と管理に苦労されていませんでしょうか?各環境やクラウドには独自の管理ツールがあるため相互連携ができず、また、連携させるプログラムを新しく開発するのはコストやリソースの面から実現が困難な場合が多くあります。

「Azure Arc」は、「Microsoft Azure」のサービスをオンプレミスやデータセンター、クラウドサービスに拡張するためのプラットフォームです。これにより、一元的な管理・監視、そしてポリシー管理が可能になり、ハイブリッドクラウド環境での柔軟性と一貫性が向上します

シングルコントロールプレーン with Azure Arc

microsoft azure arc image

「Azure Arc」の特長

複数環境のリソース管理

Azure以外のパブリッククラウド環境・オンプレミス環境の既存の仮想マシンやKubernetesクラスター・データベースなどのリソースを「Azure Arc」に接続することで、統合管理ができます。

Azure外でもAzureセキュリティサービスを利用可能

Azureで採用しているセキュリティ対策には、ロールベースのアクセス制御(RBAC)や外部ユーザーのアクセスを制御するAzure Lighthouseがあります。これらのセキュリティポリシーをAzure外のリソースへも適用し、アクセス権の委任やセキュリティ対策の一元管理が可能です。

アプリケーションの一元展開

Azure Kubernetes Service (AKS)、Azure App Service、Azure Functionsなど、Azure Arcを使用してさまざまなアプリケーションを異なる環境に展開できます。

Azure Portal:Azure Arc 管理画面イメージ

microsoft azure arc Portal

Azure Arc 対応環境さまざまな環境に幅広く、そして深く対応

対応サーバー

物理、仮想、クラウド問わず

microsoft azure arc servers Windows Server

Windows Server

microsoft azure arc servers Red Hat

Red hat

microsoft azure arc servers SUSE

SUSE

microsoft azure arc servers Ubuntu

Ubuntu

AWS Linux 2

AWS Linux 2

対応 SQL Server

非常に重要なバックエンドシステムの可視化と制御

microsoft azure arc SQL

対応 Kubernetes(クバネティス)

microsoft azure arc kubernetes AKS on Azure Stack HCI

AKS on Azure Stack HCI

microsoft azure arc kubernetes SUSE Rancher

SUSE Rancher

microsoft azure arc kubernetes CANONICAL

Canonical

microsoft azure arc kubernetes OpenShift

OpenShift

microsoft azure arc kubernetes others

AWS EKS
GCP GKE
VMware Tanzu
Nutanix Karbon
Platform9
Cisco IKS
Kublr
Mirantis
Wind River
・・・

対応 プライベートクラウド

microsoft azure arc Private Cloud Azure Stack HCI

Azure Stack HCI

Azure VMware Solution

オンプレミス VMware vSphere
※ Resource Bridge 経由 VM 管理

Kubernetes(クバネティス)

コンテナの設定、運用管理、スケールを効率的に行うためのオープンソースツール


Azure Arc」の主なメリットと適用ケース(対応サーバーの場合)

メリット①
インフラ運用・管理業務の負担を軽減

Azure Arc」を利用することで、オンプレミスや他のパブリッククラウド環境をAzure Portalから一元的に管理できます。これにより、運用・管理業務の手間が減り、利便性は格段に向上します。

適用ケース
 運用中のサーバーに Azure Arc を導入

  • Windows Server 2012/2012R2   拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)適用等のシナリオ
  • サーバーは不干渉状態であることが多く、最小限のリスク、最小限のインフラ構成変更での導入が必要

Azure Arcに接続されているサーバーの一覧画面イメージ

microsoft azure arc Server list

メリット②
セキュリティ体制を強化

Azure Arc」で環境を問わず一元管理できるようになるため、手間をかけずに環境全体で一貫したセキュリティ施策を導入できます。

適用ケース
新規構築のサーバーに「Azure Arc」を導入

  • 「Azure Arc」の広範な機能により管理性やセキュリティを高めると共に将来の ESU にも対応
  • ハイブリッド環境での一貫性のある運用管理・セキュリティ・ガバナンスを実現

Windows Server2012/2012R2拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)適用済サーバー一覧

microsoft azure arc ESU Server list

メリット③
コストを効率的に管理

ハイブリッド・マルチクラウド環境にポリシーを自動化して適用することで、データガバナンスやセキュリティの要件を満たし、コストを最適化できます。

適用ケース
更新管理も一元化(Azure Update Managerを利用)

  • Azure内、オンプレミス、その他のクラウドプラットフォーム上のサーバー全体でWindowsおよびLinuxの更新プログラムの準拠状況を一つのダッシュボードから監視。
  • 更新プログラムの適用状況、設定管理、スケジュール管理などを実施。

サーバーOSの更新プログラム管理

microsoft azure arc OS Update Management

「Azure Arc」の価格

Azure Arcの基本的な機能は無料です。追加の機能については当該サービスの価格/使用量が請求されます。Azure Arc対応サーバー(Azure Arcに接続したサーバー)追加利用の一例は以下の通りです。

Azure Arc対応サーバー追加利用例

更新プログラムの管理

  • Azure Update Manager:価格:¥711.175‬.-/サーバー/月

※Azure Arc によって有効化されている拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) の配信が有効になっている場合、上記の課金は発生しません。

  • Azure Monitor(分析ログ データ インジェスト※):価格:¥475.065.-/GB

ソフトウェアの変更履歴やインベントリの確認

  • Azure Automanage(コンピューターの構成):価格 ¥853.4101.-/サーバー/月
  • Azure Monitor(分析ログ データ インジェスト※):価格 ¥475.065.-/GB

死活監視やパフォーマンス監視

  • Azure Monitor(分析ログ データ インジェスト※):価格 ¥475.065.-/GB

アラート ルールを使用した監視を行う場合はアラートの種類により別途課金が発生します。

※分析ログ データ インジェストについては無料保有日数 (31 日) を超えて保存された場合、月額料金に基づいて日単位で計算が行われます。

価格の詳細については Azure 公式ウェブサイト でご確認ください。


「Azure Arc」によって有効になる拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)

Microsoft は、「Windows Server 2012/R2」 および「SQL Server 2012」 向けに「Azure Arc」によって有効になる拡張セキュリティ更新プログラムを提供しています(※)。

※サーバーにソフトウェアアシュアランス(SA)もしくは同等のサーバーサブスクリプション(SPLA)が前提です。

適用するためには適切なエディションとライセンスに基づくESUの購入と適用が必要になります。

Windows Server 2012/R2 向け

拡張セキュリティ更新プログラムDatacenter 月額料金Standard 月額料金
Windows Server 2012 16 Core¥62,017.-¥10,766.-
Windows Server 2012 8 Core¥31,009.-¥5,383.-
Windows Server 2012 2 Core¥7,753.-¥1,345.66.-
  • 課金は1時間単位で計算されます。
  • サーバーの接続を停止した場合はESUの支払いは停止になります。
  • 延長サポート終了日:2023年10月10日を起点に遡及料金が発生します。

※2024年1月25日時点の参考価格です(1USD=142.235 JPY)。最新情報は Azure 公式ウェブサイト でご確認ください。


「Azure Arc」のサポート環境と前提条件

サポート環境

システム要件

  • Azure サブスクリプション内のリソースグループで Azure Connected Machine Onboarding、または共同作成者以上のロール、Azure Connected Machine リソース管理者ロールが割り当てられている Azure アカウントが必要です。
  • Linux および Windows 用の Azure Connected Machine エージェントは、TCP ポート 443 を介して Azure Arc へのアウトバウンド通信を安全に行います。

サポート環境

Azure Arc 対応サーバーでは、Azure の外部でホストされている物理サーバーや仮想マシンでの 接続されたマシンの エージェントのインストールがサポートされています。 これには、次のようなプラットフォームで実行されている仮想マシンのサポートが含まれます。

  • VMware (Azure VMware Solution を含む)
  • Azure Stack HCI
  • その他のクラウド環境

サポートOS

Azure Arc では、次の Windows および Linux オペレーティング システムがサポートされています。 x86-64 (64 ビット) アーキテクチャのみがサポートされています。

  • Windows : 2008 R2 SP1、2012、2012 R2、2016、2019、2022、Window 10、11、IoT Enterprise
  • Linux : Ubuntu、Debian、RedHat、SUSE、CentOS、Amazon Linux、Oracle Linux最新LTSまで

詳細については下記 Connected Machine Agent の前提条件をご確認ください。
https://learn.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-arc/servers/prerequisites#supported-operating-systems


前提条件

Azure Arcを利用するには、下記の前提条件があります。

  • Azureサブスクリプション
    Azure Arcを使用するためには、Azureの有効なサブスクリプションが必要です。
  • Resource Manager
    対象となる環境でAzure Resource Managerが有効である必要があります。
  • 対応デバイス
    Azure Arcは、対応デバイス上で動作します。対応デバイスには要件がありますので、Azure公式ウェブサイトを参照することをお勧めします。
  • ネットワーク要件
    エージェントのインストールと実行のために、Azure Arc サービスエンドポイントへの接続が必要です。エージェント – Azure 間の通信は SSL で保護され、HTTPS プロキシ経由でルーティング可能です。

「Azure Arc」構築サービス

ディーアイエスサービス&ソリューションでは、お客様に代わって「Azure Arc」の構築や運用を支援するパッケージをご用意しています。お気軽にご依頼ください。

Azure Arc対応サーバー セキュア構築パック

実施事項内容
基本環境の構築Azure側環境構築および登録スクリプト作成作業
・オンプレミスサーバーへの接続エージェント導入作業
オプション詳しくはお問い合わせください

お客様に代わって、オンプレミスサーバーをAzureにて管理する環境を構築いたします。基本環境の構築の他、複数のオプションをご用意しております。ご提供価格を含む詳細につきましては、お気軽にお問い合わせ下さい。

Azure Update Manager 導入オプション

実施事項内容
基本環境の構築Azure仮想マシンもしくはAzure Arc対応サーバーの
 パッチオーケストレーション変更作業
・メンテナンス構成作業
オプション詳しくはお問い合わせください
すべてマシンのWindows Updateの管理に役立つ統合サービスのオプションです。Azureインフラ構築スターターパックもしくはAzure Arc対応サーバー セキュア構築パックに追加頂くことで柔軟なパッチ管理が可能です。価格を含む詳細については、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連記事一覧